杉田プリディアの強み3
ターゲットに刺さる
「紙×web」
ソリューション

小ロット印刷・バリアブル(可変)印刷が可能なデジタル印刷機を完備しており、例えばWEBページのアクセス履歴をもとに、ユーザーごとにDMの内容を変えて印刷ができます。また、興味度合いが高まったタイミングを逃さず発送することでOne to Oneのダイレクトマーケティングが可能になります。

小ロット印刷・バリアブル(可変)印刷で
ユーザひとりひとりに合ったクリエイティブを。

DMで効果を出そうと思うなら、重要となるのが「タイミング」と「クリエイティブ」です。すべて同じデザイン・内容で印刷、発送していたDMも、 小ロット印刷・バリアブル(可変)印刷が可能なデジタル印刷機を活用することで、ユーザーごとに異なる内容を印刷し分けることができます。
また、これを活用した定額制のDM発送サービスが「DMのサブスク」です。

デジタルとアナログを組み合わせ
タイミングを逃さず自動でアプローチ。

デジタル媒体を活用してのマーケティングが一般的になった今、注目されているのがデジタルとアナログをうまく組み合わせた施策。杉田プリディアは、国産MA(マーケティングオートメーション)ツール認知度No.1の「SATORI」のパートナーとして、「DMのサブスク」とMAを組み合わせたソリューション「カミテク」をご提案しています。
MAで見込み顧客の購買意欲が高まったタイミングを察知し、「DMのサブスク」でDMの印刷から発送までを自動化できるので、ユーザーがHOTなタイミングを逃さず自動でアプローチすることが可能です。


DMのサブスク、カミテクの詳細はこちら