LINEで送る

2020.12.16 Wed

【学生の就活裏話!?】個性的な選考会

新卒見習いコピーライターの藤岡です!
今回は選考会について生意気言わせて頂きます。

企業のみなさん、「ほかの企業はどんな選考会をしているんだろう」
「選考会で理想の学生と出会うにはどうすれば良いのだろう」と
気になったことはありませんか?
企業のみなさんと学生が、お互いにとって運命的な出会いを果たす。
そんな選考会が理想ではないでしょうか。
私が実際に参加した選考会を例に、魅力的な選考会についてお話したいと思います。

 


 

 

 

■就活生、あれこれ知りたいお年頃。

 

企業のみなさんが発信した“自社の魅力”が学生に伝わったからこそ、
学生は数ある企業の中から参加する選考会を選んでいるわけです。
では、学生が“企業の魅力”の次に知りたいことはなんなのでしょうか。
その1つとして考えられるのは…

“どんな環境でどんな人と働くか”です。

選考会で学生がマストで知りたいことは、働く場のナマの情報
つまり、どんな環境でどんな人と働くかです。
学生は選考会を通して入社後の自分の姿を想像します。
どんな社員が後の上司になるのか?
どんな学生が後の同期になるのか?
選考会は企業のみなさんが学生を審査する場であるだけでなく、
学生が企業のみなさんを審査している場でもあるんです。
学生は“自分が求める場所で働けるかどうか”を見極めるために、
“どんな環境でどんな人と働くのか”が知りたくて選考会に参加しているんです。
そんな“知りたがり屋”な学生を満足させるには、どのような選考会が良いのでしょうか。

 

 

■十人十色の選考会。

 

私が参加した選考会のお話をします。
企業と学生、お互いにとっての良い出会いの場となるように、
どの企業も選考会に力を注いでいました。
例えば…

 

・いきなりテストの選考会
・ひたすら話せる選考会
・白熱バトルの選考会

 

 

・いきなりテストの選考会

商社の選考会に参加すると、
社内テストを始めとする様々なテストを受ける機会がありました。
中でも性格診断テストをよく受けることが多かったです。
(性格を診断するだけなので、正解も不正解もないテストなのですが、
今後の面接で使うデータが収集されていると意識してしまい、緊張しながら受けました。)
診断された結果を渡してくれる企業が多く、
自分の性格を再確認して就活に取り組むことができました。
選考会に参加しながら、改めて自己分析をすることができる貴重な機会でした。

 

 

・ひたすら話せる選考会

接客業を中心に活躍する企業の選考会にも参加しました。
その内容は“ただひたすら社員さんと話す”でした。
接客に必要なコミュニケーションスキルとトーク術を見極めるための審査です。
開始時間は10時だったのですが終了したのは16時。
(6時間も語り合えば、もう社員さんを他人とは思えなくなります。)
就活には直接関係のないプライベートな話しもできたので、
不安に感じたことや質問したいことなど、
気になることは何でも聞きやすくなりました。

 

 

・白熱バトルの選考会

ベンチャー企業の選考会に参加した時のことです。
その日はじめて顔を合わせた学生同士がチームを組み、
企業が用意したゲームに参加。
勝利したチームには、2次選考免除の切符が贈られるという内容でした。
(ゲームは白熱。学生みんな本気です。まるでカイジのようでした。)
緊張してしまう選考会も学生同士がゲームを通して関わり合うことで、
大学のサークルのように楽しく参加することができました。

 

どの企業も、それぞれの特性に合った個性的な選考会を行っていました。
学生は個性的な選考会に参加すると、ほかの企業との違い=“差”を見つけやすくなります。
工夫を凝らした選考会を行なうからこそ、
“他社との差”を学生自身が選考会で感じ取れるわけです。
私は当時、テストを受けるだけの選考会に参加した時より
ディスカッション型、参加型、ゲーム形式の選考会に参加した時の方が、
企業特有の雰囲気や人柄を掴みやすいと感じました。
学生は選考会の目的である“どんな環境でどんな人と働くのか”を知ることができると
“企業=未知の存在”から“企業=未来の自分が働くかもしれない場所”だと感じ、
“企業は身近な存在”だと思うようになります。
そうすることで学生は自信を持って就活を行うことができるんです。

 

 

オンライン就活が一般的になった今、
WEB説明会、WEBセミナー、WEB選考会が当たり前になりつつあります。
グループワークやグループディスカッションを主とした選考会を行うのが難しい状況です。
オンライン上での選考会では、学生が画面越しに
あらかじめ企業から出されていた課題を発表したり、
顔を合わせたばかりの学生同士が討論をするといった内容のものが多いようです。
どれも学生の理解力や伝達力を審査するためには適した方法です。
しかし、学生の“素”の姿を引き出すには少しお堅い内容。
学生が緊張したままの状態で選考会が終了してしまいます。
企業のみなさも学生の個性を十分に掴みきれないのではないでしょうか。
そこで、こんな選考会を提案してみたいと思います。

 

ズバリ…

 

〜推理ゲーム選考会〜

WEB選考会に集まった学生チームVS企業のみなさんとのバトル。
まるでバライティー番組に参加しているような気分。
学生が“素”の状態で楽しめる選考会になりそうです。
ほかの企業とは違う個性的な内容で、学生の印象に残るのではないでしょうか。
(実はこれ、スギタの選考会です。)

 


 

 

まとめ

 

選考会で学生がマストで知りたい
“どんな環境でどんな人と働くのか”が伝わりやすい、
ディスカッション型、参加型、ゲーム形式の選考会を行い、
企業のみなさんと学生にとって運命的な出会いの場となるような選考会を行なってみませんか?

 

私の後輩に聞いた話ですが、
インスタグラムに「#WEB説明会」「#●●年卒」と入力すると、
企業の情報がたくさん出てくるそうです。
リクナビやマイナビといったナビサイトと合わせて、
企業独自で自社の魅力を発信するスタイルが多いんだとか…。
学生はWEB説明会、WEBセミナー、WEB選考会といった新しいスタイルの就活だけでなく、
インスタグラムを活用した就活にも注目をしているようです。

(こちらはスギタのインスタです↓)

https://www.instagram.com/sugitapridea/?hl=ja 

 

次回は〜選考会で手にしたモノ〜について生意気言わせて頂きます。

 

 

LINEで送る