LINEで送る

2018.08.3 Fri

【採用担当者は要注意!】就活生を悩ませるオワハラとその注意点

“せっかく内定を出した優秀な学生に

辞退されてしまった・・・”

 

新卒採用が難しくなっている今、

そんな事態を避けたいのは

どの企業も同じ。

内定を承諾してもらうための対策を

とられている企業さまも

いらっしゃるかと思います。

 

しかし内定をめぐってこんな問題も

起こっています。

 

みなさんは

 

“オワハラ”

 

ってご存知ですか?

 

 

オワハラとは


オワハラとは

 

「就活終われハラスメント」

 

の略で、

内定と引き換えに他社の選考辞退を迫ったり、

就職活動の終了を強要したりする行為です。

 

せっかく内定を出した優秀な学生に

「内定を辞退されることは避けたい・・・」

そのお気持ちはよーく分かります。

 

しかし、学生側から見てそれが

「強引」

「悪質」

と見なされた企業の評判は

口コミなどで拡がるリスクがあり、

結果的に自社の採用ブランディングへ

ダメージをあたえかねません。

 

 

 

採用活動への影響


一方で近年のオワハラ騒ぎによって、

イメージダウンや批判を恐れるあまり、

「入社の意思確認を強くとれない」

「不採用メールを出さない」

など慎重な対応をとる企業も増えており、

コミュニケーション面での問題も起きています。

 

受け手である学生側も、

情報に踊らされナイーブになりすぎたり、

ちょっとしたことでも大袈裟に書いたり

しているのではという懸念もあります。

 

 

オワハラのパターン事例


オワハラには大きく分けて3つのパターンがあります。

 

①内定をチラつかせる「交渉型オワハラ」

交渉型オワハラとは、

「内定を出す代わりに、

他の面接や説明会は全て断って欲しい。」

「今ここで他社の内定を辞退してくれたら、

内定を出します。」

など内定と引き換えに、他社の選考辞退や

就職活動の終了を強要するケースです。

 

②内定後の「束縛型・同情型オワハラ」

内定後に行われるオワハラには、

「束縛型」と「同情型」の2種類があります。

 

「束縛型オワハラ」は、

内定者が他社の説明会や面接に

行けないよう、選考の解禁日や

その地域の就活イベントの日を

狙って研修や親睦会などを行う行為で、

一見通常の内定者フォローに見えて、

実はスケジュールを拘束しています。

 

もう一つは、「同情型オワハラ」

と呼ばれるもので、

内定者を高級な食事やパーティーに何度も招待し、

内定を辞退しにくい雰囲気を作る行為です。

 

「これだけ楽しんだんだから、

絶対うちに来てくれるよね」

というニュアンスの言葉で入社をせまるなど

せっかく会社に魅力を感じていても

その一言で冷めてしまうということもあります。

 

親交を目的とした内定者フォローでも、

日程の調整には柔軟に応じる、

入社前の不安を可能な限り解消できる

ような内容にするなどの工夫が必要です。

 

いずれにせよ、

善意の押しつけととられる発言や

過度な囲い込みは厳禁です。

 

③内定辞退を申し出た際の「脅迫型オワハラ」

内定辞退を申し出た際に

脅迫を受けたり、

出社を強要されて必要以上に

怒られたりするのが

「脅迫型オワハラ」です。

 

「もし内定を辞退したら、もう二度と

君の大学からは採用しないよ?」

「今から内定辞退とか、許されると思ってるの?」

などのセリフを受けて

辞退を取り下げるという学生は

ほぼいないうえに、

後から内定辞退者から大学やSNSで

悪い噂が広まり自社のブランドを損なう

可能性もあります。

 

また面接や選考は、

学生が自社で求める人材かどうか

の判断をする場ですが、

学生から見てもそれは同じです。

 

多くの応募者の中から内定まで

進んだ学生は、企業側から見れば

自社にふさわしい人材に思えても、

学生側からすれば

「やっぱり合わない」

と感じただけかもしれません。

むしろ入社後のミスマッチをなくすことが

出来たと考え前向きに考えることが重要です。

 

 

まとめ


学生がオワハラと感じる主な要因は、

採用担当者の行き過ぎた行動や発言です。

優秀な人材を確実に採用したい新卒採用ですが、

無理やり入社を促すのではなく、

自社に魅力を感じてもらえるような

取り組みを通して入社を決めてもらうことが

企業と学生にとってプラスになるのではないでしょうか。

 

 

 

 POINT  オワハラ認定をされないために

最終選考や内定通知段階で交換条件を求めない

就活終了を強要しない

過度なスケジュールの拘束や、善意を押し付ける発言は避ける

ある程度の内定辞退は想定しておき、感情的な対応をしない

LINEで送る