LINEで送る

2020.08.6 Thu

タイミングの神様の降りる場所。~神業DM~

こんにちは。
コピーライターの大西です。
突然ですが、あなたのまわりにこんな人いませんか?
社内でお取引様からお菓子をいただいた時、
数が少ないから、社内に今いる人だけで食べちゃおうと
していたときに、外回りから帰ってくる営業さん。
 「ラッキ~!私も食べる~♪」※某スギタ営業女子
反対に、そんな時に限っていつもは社内にいるのに
その時だけ外出している人。
世の中には、タイミングの神様に気に入られている人と
嫌われている人がいます。
そう、今日はこのタイミングについてお話します。
タイミングの神様次第じゃ、どうすることもできない?
いいえ、タイミングの良し悪しは作れるんです!
そう、DMに関しては。

□  DMを送るベストタイミングって?

クリスマス前にはおもちゃ屋から、
入園・入学シーズン前には、アパレル、引っ越し屋から。
シーズナル商品やサービスのDMを、タイミングを外すことなく送ることは
容易いと思います。
では、こんな場合はどうでしょう?
「そろそろマイホームが欲しいね」と考えている家族に
不動産屋・ハウスメーカーさんから
”人気インスタグラマーによるマイホーム相談会DM”を送る。
「髪の毛が伸びてきたし髪型変えたいなぁ」と思っている人に
美容室から”カット&カラー割引DM”を送る。
これらは、シーズンに関係のない需要です。
顧客の数だけニーズがあります。
そのニーズが生まれた時。
顧客の意識が高まっている時、
それがDMを送るベストなタイミング
だというのは、みなさんもおわかりだと思います。
今、それが気になっている。
今、それが必要だと思っている。
その「今」を逃さないこと。
それって難しい?
タイミングの神様次第なのでしょうか、、、?

□タイミングの神様  

「ワシからタイミングを見極めるワザを教えよう~!」
神様が降臨しました!
神様が手にしているもの、、パソコン? MA?
今や時代はデジタル。
神様だってデジタルを駆使しています。
それに対して、DMは紙媒体なのでアナログという位置づけです。
このアナログと言われているDMに、MAというデジタルワザを
活用すると、ベストなタイミングで、ターゲットにDMを送る
ことができるんです!
これぞ神業!(神様の紙テクニック!)ぼそっとイイこと言いました。
待って、待って!
MAって何???
という方も大丈夫です。
「MAとは、、、マーケティングオートメーションのことじゃ!」
要するに、
マーケティングを自動化してしまいましょう!
というものです。
WEBサイト上のサイト閲覧やメール開封率の履歴データを
もとに、メール配信等を通じてアプローチする一連の流れを
勝手にやってもらえちゃう!というめちゃくちゃ便利な
システムがMAです。
MAを使えば、タイミングの神様があなたの思うように
働いてくれます!呼べば来てくれる神様です!

□デジ×アナがDMの当たり前に

さて、こんな話になると
「俺はそういうデジタルとか、機械に頼りたくない!」
なんて言う方もいらっしゃるかもしれません。
わかります、私もアナログは大好きです。
企画を考える時は、私ももっぱら手書き派です。
でも残念ながら、人の力の及ばないところってあるんです。
DMのターゲティングだって、顧客リストと何時間も格闘
すれば、ある程度のセグメンテーションができて、
ポジショニングができて、、ターゲット像を明確にして
いくことは可能です。
でも、「今」というタイミングを察知するのって、
デジタルに任せるしかないんです。
MAを活用すれば、
今まで取り逃がしていた顧客を追えるんです!
なので、ここはデジタル嫌いの方も、デジタルを好きに
なってもらいたい!
というのが、アナログ育ちの私からのご提案です。
では具体的にMAを活用するってどういう流れなのか
見ていきましょう。
このように、ターゲットである顧客の行動を追いかけ、
顧客の気持ちが充分に高まった状態になっている状態の時に
「今だ!!狙えー!!」とアプローチをかけます。
この状態の顧客を、ホット顧客といいます。
MAはこのホット顧客を察知して、アプローチをかけ、
見込み顧客を育成します。
これをリードナーチャリングと言うのですが、、
難しいので覚えなくていいです(笑)
顧客がホットになったタイミングで、紙DMが届くことで
空想の世界が、現実になって手元に現れたように感じさせる
ことができる!
と言っても過言ではないと思います。
「こんな素敵な家に住みたいな〜」と思いながらWEB
サイトを見ていた人に
その願望をカタチにしてくれそうな内容のDMが手元に届く。
従来のように顧客リストの不特定多数に送るのではなく、
MAとDMをかけ合わせることによって、相乗効果を
もたらします。
一人ひとりに寄り添った内容の、パーソナライズな
アプローチが可能になります。
それがパーソナライズDMと呼ばれる、顧客一人ひとり
に向けて、内容やタイミングをカスタマイズして送るDMです。
パーソナライズDMは、
まさにタイミングの神様が降臨したDMなのです!

□さらに効果を上げるには

MA×DMの組み合わせで、顧客のハートをつかむために
最適なアプローチができることは、おわかりいただけた
かと思います。
このアプローチ方法は、メール配信や営業さんからの
テレアポなどを適切なタイミングで行うことで、さらに
大きなレスポンスを狙えます。
自動化すると言うと、なんとなく人の手から離れた
ことで、顧客とも遠くなるイメージを持ってしまいがち
ですが、むしろ逆!です。
より顧客に近づけるツールがMAなんです。
「あなたのことをいつも見てますよ、、、」という、
ストーカー的な粘着性はいきすぎですが、
人って「あなたは私にとって特別です」という気持ちを
伝えてもらえたら嬉しいですよね。
MAでスマートに、タイミングよく、アプローチ!
そのタッチポイントに最適なのがDMを使ったアプローチです。
DMを発送したあとの顧客の行動も追えるので、さらに
追加してのアプローチも可能になります。

まとめ

DMを発送するタイミングは、顧客の意識が高まった時。
そこを察知して五感に訴えることのできる紙DMを発送
することで高いレスポンスが期待できる!
MAを活用することで、取りこぼすことなく顧客への
効率的なアプローチが可能!

(余談)

この時期にベストなタイミングのコピーをご紹介します。
「ずっと」なんてないことを、
こどもたちは夏から教わる。
グッときませんか?
コピーライターは畑 博之さん。天神イムズの夏の広告コピーです。
楽しい夏休みが無情にも終わってしまうんだと、まだやっていない
大量の宿題を前に、絶望感とともに味わっている子ども。
センチメンタルな気持ちにさせられつつ、だから夏を楽しもうという
前向きな気持ちにさせられる、夏のベストコピーだと思います!

LINEで送る