LINEで送る

2019.08.16 Fri

消費者の耳をくすぐる!? 最強のビジュアル。

商品の魅力を消費者目線で捉えること

アピールしていく上で必要なことですよね。

 

今回は、プリントなのに音が聞こえてきそうな

不思議な広告をご紹介します。

 

ジリジリとした日差しが続き、

夏を感じる今日この頃。

 

そんな暑い日にピッタリな飲み物といえば!

 

 

 

 

そう、コカ・コーラ!

 

いかがですか?

 

「プシュッ」

「シュワシュワ

 

なんて音が聞こえてきませんでしたか?

そしてコーラが飲みたくなりませんでしたか?

 

誰しも1度は聞いたことのある

コーラの瓶や缶を開ける音、炭酸がはじける音。

その音が聞こえる瞬間を写真で大きく見せることで、

私たちの頭の中にある

コーラの気持ちのいい「音の記憶」を呼び起こしています。

 

そして小さく入る

TRY NOT TO HEAR THIS.

(聞かないようにしてください)のコピー。

聞いたら絶対に飲みたくなる という自信の表れでしょうか。

コカ・コーラだからこそ言えるコピーですね。

 

商品のいいところをコピーでアピールしなくても、

写真を効果的に使うことで「飲みたい!」と思わせることができる。

商品の魅力を消費者目線で捉えることで表現の幅が広がるという

魅力的な広告でした!

LINEで送る