• TOP
  •  > 
  •  > 
  • ターゲットのハートを掴む! 「働く男」に沁みる広告。
LINEで送る

2019.08.5 Mon

ターゲットのハートを掴む! 「働く男」に沁みる広告。

広告や製品、なにを作るにしても

誰にむけて作るのかという

「ターゲット」の存在はとても重要ですよね。

 

今回は、そんなターゲットの共感を得るために

ある人気者とコラボレーションしてキャンペーンを行った事例を紹介します!

 

 

2019年5月31日。

誰もが知る日本の怪獣映画が

ハリウッド映画となり公開されました。

 

それは

 

 

そう、みなさんご存じ「ゴジラ」です!

 

1954年に日本で映画が公開されてから大ブームとなり、

これまで何作も映画が公開されてきました。

 

少年時代ゴジラに夢中だった人も、

現在は立派な働く大人に。

 

そんな「ゴジラ世代」の人に目をつけたのが

この商品

 

 

サントリー「BOSS」です。

 

 

BOSSの商品コンセプトは、「働く男の相棒」。

中でも缶コーヒーのターゲット層は、年齢が少し高めの男性です。

 

そのBOSSのコンセプト・ターゲット層とゴジラのファン層がハマり、

新作映画の公開に合わせこんなCMを打ち出しました。

 

 

 

 

初代ゴジラの中の人「中島春雄」さん

「顔の映らない主役」として起用し

 

働く男の苦労や、情熱をもって仕事に向き合う姿

初期のセットを再現してカッコよく映しています。

 

これは働く大人になったゴジラファンにとって

かなり心に響くものではないでしょうか。

 

 

ちなみにBOSSといえば「ボスジャン」が有名ですが、

今回のキャンペーンではこんなボスジャンが制作されたようです。

 

 

背中のトゲトゲがカッコいいですね。

 

 

ターゲットの共感を得るには

何に興味があるのかを知り、どんな表現が響くのかを考え

時には要素を組み合わせるのも一つの方法だという

「働く男」に沁みる事例でした。

LINEで送る