LINEで送る

2018.08.17 Fri

【企業イメージアップ!?】自社を魅力的に見せる会社説明会のポイント

 

会社と学生がはじめて対面する場、

それが会社説明会ですが、

この説明会が活発に行われる3~4月の段階では

まだ学生の志望はしっかりと固まっておらず、

「興味があるなぁ。」、「なんか良さげだなぁ。」くらいの

志望度で会社を選んでいることがほとんどです。

そして、選考に進んでもらい最終的に内定承諾にいたるためには、

この段階で学生の志望度を高めておく必要があります。

 

学生に「この会社いいな。」と思わせられるように

今回は、『会社説明会で気をつけるべきポイント』をまとめてみました!

 

 

 POINT①  和やかな雰囲気を大切に!


会社説明会ではどれだけ会社に良いイメージを持ってもらえるかが、

その後の選考に進んでもらえるかに影響します。

そのために和やかな雰囲気をつくることが重要になってきます。

 

基本的な心構えとして、説明会に参加する就活生は、

「足を運んでくれた“お客さま」として接します。

これを言うと誤解されてしまうかもしれませんが、

あくまで礼儀正しく迎え、常識的に対応するという

基本的なマナーを守ることを意識するということです。

 

また敷居の高い印象を与えないために、

就活生にはできるだけ打ち解けた態度

接しましょう!

 

説明会が和やかな雰囲気になるほど

学生からの高感度も上がります。

採用に関わらないスタッフにも

学生とすれ違う際は愛想よく挨拶するように

事前に社内で打合せをしておきましょう。

 

 

 POINT②  私服での参加がおすすめ


説明会(及びその後の選考)には私服での参加を促すのがおすすめです。

これは学生によりリラックスして参加してもらうという狙いもありますが、

服装からはその人柄が垣間見えるケースもあるため、

個性が出にくいスーツはできるだけ避けることをおすすめします。

また当日は説明会に関わる社員も私服を着用する方が、

学生に威圧感を与えず、逆に安心感を与えることができます。

 

 

 

 POINT③  スタッフは若手中心が基本


説明会は人事の責任者が取りしきることがほとんどだと思いますが、

学生にリラックスして参加してもらうためにもそれはできるだけ避け、

若手社員たちで取りしきるようにした方が良いです。

また学生の緊張を取り除く以外にも、年齢の近い先輩が取りしきることで

“入社後の姿”や“自身の成長した様子”のイメージにも繋がります。

 

やむを得ず前に立つ場合は、

「できるだけラフな服装」、「明るく気さくにふるまう」というような配慮が必要です。

 

 

 

 POINT④  当日の運営の流れ


 CHECK①   笑顔で明るい対応

明るく自然な笑顔の対応は企業イメージを高めてくれます。

緊張している学生にリラックスしてもらえる雰囲気づくりを目指しましょう。

 

 

 

 CHECK②  最寄り駅・バス停まで社員が出迎え

会社の立地にもよりますが、歓迎の気持ちが伝わるように

最寄りの駅やバス停まで出迎えると学生も安心です。

それは不便な立地ならなおさらです。

また大きなビルの貸会議室などで説明会をおこなう場合は

エレベーターホールに案内役を立たせるのもひとつの手です。

細かい心遣いですが、その細かな心遣いに感動する学生さんは多くいらっしゃます。

 

 

 

 CHECK③  社員同士の会話に社内の人間関係があらわれる

運営に携わる司会者・誘導係・受付など、これらのスタッフのやり取りは

就活生もチェックしています。

今の就活生は、会社選びの基準として職場の雰囲気を重要視しています。

スタッフ同士の会話にも気を抜かず、明るい表情を心がけましょう。

 

 

 

 CHECK④  待ち時間にスタッフから学生へ雑談

他愛のない雑談で充分ですので、説明会が始まる前や休憩中などは、

極力学生との会話をするよう心がけましょう。

「親しみやすい社風」というイメージが強化され、

学生に安心感を与えることができます。

 

 

 

まとめ


今回ご紹介したことは、基本的なことですが

これができているのといないのとでは学生からの印象も大きく変わります。

 

会社説明会は、採用フローの中でも特に重要なステップです!

学生の「なんか良いな。」をより確信的なものにし、

「この会社に入りたい!」と思わせられるように、

これらのポイントをできるだけ実践していただきたいと思います。

 

 

 POINT  自社を魅力的に見せ、会社説明会を成功させるためのポイント

学生はまず職場の雰囲気を重視します。説明会もそれが伝わるよう和やかな雰囲気を大切にする。

スタッフ間のやり取りにも気を配り、学生を気遣った配慮をすることでより安心感をあたえる。

「学生を緊張させない」、「入社後の姿をイメージさせる」ために若手社員中心で取りしきる。

学生をリラックスさせ、普段の姿が見えるよう私服での参加を促す。

LINEで送る